あのゲンキングがハマっている水素吸引って?


美容家のゲンキングがはまっていると言われる水素吸引が今話題となっています。
ゲンキングが他の芸能人にも勧めて、皆が水素吸引の力を感じすっきりした目覚めや体の力の回復を感じています。
ではゲンキングをはじめとする芸能人を虜にする水素吸引っていったいなんなのでしょうか。

・水素吸引ってなに?

肌の衰えのサインであるしわやシミ、そしてくすみというのは実は体が参加していることのサインでもあるのです。体の中に活性酸素が増えてきて、処理されずにいるとそれが肌をどんどん老化させていくのです。
しかし、今注目されているのが水素を吸引することにより、その活性酸素を体から無くしてしまおうという美容法です。
水素を口や鼻から直接吸引することによって肌のエイジング対策ができると話題になっています。しかも、肌だけでなく髪や爪なども健康的になると言われています。
活性酸素が増えるのは運動の後や疲れて家に帰ってきた夜であるといくつの研究結果で伝えられています。
そんなときに水素吸引をしてあげると活性酸素が体の外に出て行きますので疲労回復したり、次の日の朝の目覚めが良くなったりします。
運動だけでなく、二日酔いなどにも良いので、忘年会の時期や飲み会が続くときなどには重宝するでしょう。
最近では水素吸引の力を科学的に分析し、脳梗塞の予防やパーキンソン病の治療に利用する動きも見られています。
また、水素吸引が体の免疫力や代謝力、そして自然治癒力を高めていくことも分かってきているのです。

・水素ってそんなにすごいの?

水素吸引はちまたで噂の水素水よりも多く水素を体の中に取り入れることができます。
水素水とは、水素ガスと呼ばれるものを、水の中に溶かしている状態のことです。ちょうど砂糖を水に溶かせば砂糖水になるように、水素を水の中に溶かしている状態のことを水素水と言います。
しかし、水の中に閉じ込めることができる水素の量には限界があります。
水というのは水素と酸素の結びつきで構成されているものです。それで酸素に結びつくことができる水素の量というのは決まっているので、どんなに水素を水の中に送り込んだとしても一定量以外は水の中に溶かすことができません。1リットルの水の中に最大で1.66ppmまでしか水素を入れることができないのです。
しかも水素というのは小さな分子なので、どうしても水素は水素水が入っている容器から外にしみ出してしまいます。さらに、水素はどんどん蒸発していってしまうのです。

一方水素吸引は水素だけを直接体の中に取り入れられるので限界がありません。
鼻を通して水素を吸入していきますし、水素を発生させる機械から管で鼻の中に水素を送り込むので、水素が空気中に蒸発してしまうことがありません。
しかも、その水素は常時作り出していくものなので濃度が非常に高いのが特徴です。水素水の2倍から6倍ほどの濃さの水素を体に取り入れることができるのです。
1時間ほど水素吸引をすれば水素水を何十本も飲んだほどの水素を体内の各細胞へ送り込むことができます。

・水素吸引の仕方

水素吸引の一番良い仕方はゆっくり時間をかけて、リラックスしながら行うことです。ほとんどの場合30分から1時間半ほどの時間をかけて水素吸引をしましょう。
鼻に管を入れて水素吸引をしていきますので、慣れないうちは違和感があったり、息苦しかったりするかもしれませんが慣れてくると呼吸も楽になってきます。
何か活動をしながら水素吸引をすると言うよりはソファなどに座ってテレビを見たり読書をしたりして体と思いをリラックスさせながら行うと良いでしょう。お昼寝などをしながら水素吸引をする人もいます。
そして、水素の力を健康と美容に活かすには継続的に行っていかなければなりません。
そうするとだんだんと参加していた体の細胞がなくなり、新たな細胞へと代謝されていきます。
結果として体の不調や肌のトラブルがなくなってくることを期待できるのです。
ゲンキングがはまっている水素吸引は今大注目の健康法です。